学校の形態の違い

「公立と私立」など、学校は多様な形態です

公立学校と私立学校ということで大まかに分けられるというのが、日本の学校の状況です。 そして、中学校以上の上級学校になると、いろいろな形態の学校へと分かれていくということになっています。 まずは、高等学校でして、高校という通称が普及しています。 これは、より上の大学に進学することをも目標にして、通う学校だということです。 そのほかには、私立の専門学校だったり、私立か公立の専修学校といったような形態の学校もあると言われています。 現在の日本の学校における形態の多様さを見ると、中学校卒業までの間に、自分の人生の進路についてはいろいろと決めておく必要があるということは、今の日本ではよりシビアな問題として学生につきつけられているのかもしれないと思う次第なのです。


TOPPAGE  TOP